フィンカーの効果、特徴、注意点や価格について

フィンカーとは

フィンカーは、インドの大手製薬会社シプラ社より販売されているAGA(男性型脱毛症)治療薬です。
先発薬プロペシアのジェネリック医薬品として製造されました。
プロペシアと同様の効果ながら、圧倒的に安価で購入することができます。

フィンカーの効果

フィンカーはAGA発症の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の増加を抑制することで、髪の毛の成長を促進し、薄毛・脱毛を防ぎます。

AGAは以下のプロセスで発症します。

  1. 精巣より男性ホルモン・テストステロンが分泌される
  2. テストステロンが5α-還元酵素の作用でDHTに転換される
  3. DHTが毛乳頭細胞と結合し、髪の毛の成長期を短くする。
  4. 髪の毛が十分に成長できなくなり、軟毛化(髪が痩せ細ること)に至る。
  5. 頭皮を隠し切れなくなり、薄毛と感じるようになる。
  6. 3により寿命を迎えるのが早くなり、抜け毛が多くなる(脱毛)

以上のように、AGAの一番の原因はテストステロンをDHTに転換する5α-還元酵素です。
フィンカーはこの5α-還元酵素の作用を阻害することで、間接的にAGA治療を行います。

フィンカーの特徴

フィンカーは、フィナステリドを主成分とするAGA治療薬です。
フィンカーの特徴は、フィナステリドが1錠あたり5mg配合されている点です。

一般的なAGA治療薬の用量は0.2mg~1mgとなっております。
フィンカーの用量がその5倍以上なのは、フィンカーが元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたからです。

フィナステリドは前立腺肥大症の治療にも用いられる成分です。
前立腺肥大症の治療の場合、フィナステリドの必要摂取量は一日5mgとされています。
そのためフィンカーの1錠辺りの成分量は5mgとなっております。

かたやAGA治療の場合は一日1mgで最も効果を発揮するため、フィンカーは1錠を4~5分割して服用するのが最もコストパフォーマンスが良いです。

フィンカーの副作用

フィンカーは非常に副作用の少ない薬です。
これまでの試験調査によると0.5%の発症例しかありません。

その中の僅かな症例は以下の通りです

◎肝機能障害

  • だるさ、黄疸

◎男性機能の低下

  • 勃起不全
  • 射精障害

■肝機能障害
フィンカーを含む一般的な内服薬は、肝臓にて分解(代謝)されて患部に行き渡ります。
そのため薬を服用する度に肝臓に負荷をかけます。
特にフィンカーは毎日欠かさず服用する必要がありますので、それだけ肝臓に負担を強いることになります。
これが肝機能障害を引き起こす要因とされています。

■男性機能の低下
勃起能力や射精機能は、男性ホルモンの減少によって悪化することがあります。
フィンカーによる男性機能の低下も、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の数が抑制されることで引き起こされると考えられています。
ですがDHTに転換される前のテストステロンも男性ホルモンであるため、DHTが抑制されても男性ホルモン自体の総数は変わりません。
つまりフィンカーと男性機能の低下に関連はないとする考えもあります。

フィンカーの飲み方

「フィンカーの特徴」でも説明した通り、フィンカーには1錠あたり5mgのフィナステリドが配合されています。
AGA治療の場合には一日摂取量1mgで十分ですので、フィンカーを飲む際にはカッターナイフなどで4~5分割して服用するのが一般的です。

また効果持続時間は24時間とされているため、毎日欠かさず飲み続ける必要があります。
幸いフィンカーは食前・食後問わずいつ飲んでも効果は変わらないため、自身の都合の良いタイミングで、毎日同じ時間に飲む習慣を付けると良いです。

フィンカーの注意点

医薬品には「飲み合わせてはいけない薬」「飲み合わせに注意が必要な薬」があります。
前者を「併用禁忌」、後者を「併用注意」といいます。
この約束事を破ると、薬の効果が半減したり、逆に倍増して酷い副作用を引き起こしたりすることがあります。
フィンカーにも、この「併用禁忌」「併用注意」とされる薬はあるのでしょうか。

併用禁忌

今のところ、フィンカーとの併用禁忌とされる薬は報告されていません。

併用注意

併用注意とされる薬も報告されていません

「併用禁忌」「併用注意」ともに報告されていませんが、今後の調査次第では追加される可能性もありますので、心配な方は随時確認しましょう。

その他

フィンカーの服用を始めると、一時的に抜け毛が多くなることがあります。
これを「初期脱毛」と呼びます。
この初期脱毛は決して症状が悪化したわけではなく、薬効が正常に働いている証拠です。

フィンカーの効果で、AGAの発症要因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生が抑制されると、乱れた髪の毛の成長サイクルが回復します。
すると多くの髪の毛が、痩せ細った残りの髪の毛を押しのけて太く成長していきます。
その刺激によって弱った髪の毛が抜け落ちるため、抜け毛が多くなります。

つまり初期脱毛とは、髪の毛が回復する過程で起こる「生え変わり」のようなものなのです。

フィンカーの通販

フィンカーは基本的に病院では処方されません。
手に入れるには、通販サイトを使って海外から個人輸入する必要があります。

通販サイトで注文すると、先発薬プロペシアより圧倒的に安価で購入することができます。

フィンカーとプロペシアの販売価格(1錠あたり)は以下の通りです

  • フィンカー……約40円
  • プロペシア……約240円

このように、およそ6分の1の値段で購入ができます

加えて「フィンカーの飲み方」で説明した通り、フィンカーは通常、1錠を4~5分割して服用します。
そのため日割りで換算すると破格の安さとなります。

またAGA治療は保険適用外のため、病院で診療してもらおうとすると20000円前後の治療費を実費負担することになります。
この高額な治療費もかからないため、通販サイトでの購入は非常にコストパフォーマンスが良いです。