フィンペシアってなに?効果、飲み方、注意点や価格をご紹介

フィンペシアとは

フィンペシアは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
製薬会社MSD株式会社が開発したAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品です。
フィナステリドという成分が配合されており、このフィナステリドがAGAの原因となる物質の生成を抑制することで、AGAの進行を抑えます。

フィンペシアの効果

AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉物質によって引き起こされます。
このDHTの数を減らすことが、フィンペシアの主目的です。

そもそも体内には精巣より分泌されたテストステロンという男性ホルモンがあります。
このテストステロンそれ自体は、筋肉を発達させたり性欲を高めるなど良い効果をもたらします。
しかしこのテストステロンは、5α-還元酵素という酵素によって、DHTという悪玉ホルモンに転換されます。
善良な市民が魔王の手によって悪魔に変えられてしまうようなものです。
魔王のしもべと化したDHTは、毛乳頭にある受容体と結合することで、髪の毛の多くを弱らせます。
衰弱した髪の毛は痩せ細り、頭皮を覆い隠せなくなります。
これが薄毛の原因です。
また痩せ細った髪の毛は、早期に寿命を迎えて抜け落ちます。
これが同時多発的に起こることで脱毛が進行します。

端的に言えば、AGAの症状である薄毛・脱毛は、5α-還元酵素がテストステロンをDHTに転換することで引き起こされます。

フィンペシアはこの5α-還元酵素の作用を阻害することで、AGAの進行を抑えることができるのです。

フィンペシアの特徴

フィンペシアは、AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品です。
インドの大手製薬会社シプラ社によって製造・販売されています。

ジェネリック医薬品と聞くと、その値段の安さから「先発薬(新薬)より効果が薄い」「怪しい」というイメージが浮かぶかもしれません。
確かに安価ではありますが、これは先発薬のように研究開発費用が必要ないからです。成分量などのレシピを真似するだけですので、人件費や労力を掛けずに同じものを作ることができます。
しかし先発薬を開発してすぐに真似されては商売になりません。
そのため先発薬には20年~25年の特許期間があり、その間はジェネリックを作れないようになっています。
プロペシアは2015年に特許が切れ、そのタイミングで多くの製薬会社がプロペシアジェネリックの製造を始めました。
フィンペシアもそのひとつです。

またフィンペシアには微量ながらキノリンイエローという着色料が使われていました。
このキノリンイエローは発がん性物質のひとつとされており、販売当初は問題となりました。
のちに微量ならば影響はないとされましたが、シプラ社は万全を期して、半年後にキノリンイエローを含まない新たなフィンペシアを開発しました。

フィンペシアの副作用

先発薬プロペシアと同じように、フィンペシアも他の医薬品と比べ副作用が少ない薬です。
試験調査によれば943例のうち5件しか報告されていません。

報告された副作用は以下の通りです。

◎肝機能障害

  • だるさ、黄疸

◎男性機能の低下

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 射精障害

■肝機能障害
フィンペシアが肝臓で代謝され、肝臓に負担がかかることで引き起こされます。
フィンペシアに限らず医薬品は肝臓で分解されます。
その中でも毎日服用を続けなければいけないフィンペシアは、肝臓に負担をかけやすいのです。

■男性機能の低下
これはフィンペシアのDHT抑制作用によるものという説があります
男性ホルモンであるDHTが、フィンペシアの作用によって減少することで、性欲減退や勃起不全等を引き起こすとされています。
しかしDHTに転換される前のテストステロンも歴とした男性ホルモンです。
テストステロンがDHTに変化しなくとも、男性ホルモンの総量は変わりません。
そのため、DHT抑制作用と男性機能の低下に関連性はない、とする言説もあります。

フィンペシアの飲み方

フィンペシアは毎日服用する必要があります。
薬には効果持続時間というものがあり、フィンペシアの効果持続時間は24時間とされています。
そのため24時間以内に飲まなければ効果が切れてしまいます。

幸いフィンペシアには服用時間の決まりがありません。
朝食後、昼飯前、就寝1時間前など、好きなタイミングで飲むことができます。
ですので服用を忘れないよう、飲む時間を固定しておくのが良いでしょう。

またアルコールとの相互作用も確認されておりませんので、酒飲みの方も安心して服用することができます。

フィンペシアの注意点

一般的に医薬品には「飲み合わせてはいけない」薬と、「飲み合わせに注意しなければいけない」薬があります。
前者を併用禁忌、後者を併用注意といいます。
これを破ると薬の効果が相殺されたり、逆に成分が強くなりすぎる恐れがあります。
それではフィンペシアにも併用禁忌、併用注意の薬はあるのでしょうか?

併用禁忌

フィンペシアには併用禁忌とされる薬はありません。

併用注意

併用注意とされている薬もありません。

現在のところ、併用に危険性のある薬はありませんので、別に常用している薬がある人も、安心してフィンペシアを服用することができます。

その他

他の注意点として、初期脱毛が挙げられます。
初期脱毛とは、フィンペシアを摂取し始めると、一時的に抜け毛が多くなる現象のことです。
髪の毛にはヘアサイクルという周期があり、このヘアサイクルに従って生え始めてから抜け落ちるまでを繰り返します。

  • 「成長期」…生え始め~成長の段階(2~6年)
  • 「退行期」…成長が終わり、衰弱し始める段階(2週間)
  • 「休止期」…寿命を迎え、抜け始める段階

AGAはこの内の「成長期」が1年程度に短くなり、髪の毛が十分に成長できないことで起こります。
フィンペシアの主成分フィナステリドには、この乱れたヘアサイクルを元に戻す効果があります。
そのため、十分に成長できるようになった髪の毛は、弱ったほかの髪の毛を押しのけて太く強くなっていきます。
例えるなら、永久歯が乳歯を押し上げて生えてくるようなものです。
これが初期脱毛の原因であり、薬の効果が十全に働いている証拠でもあります。
脱毛が多くなったからと言って、「薬のせいで悪化した」と勘違いしないように気を付けましょう。

フィンペシアの通販

フィンペシアは原則、病院では処方されません。
手に入れるには個人輸入という形で、海外の通販サイトから購入する必要があります。

通販サイトの利点は以下の通りです。

  • 価格の安さ
  • 病院の治療費がかからない

■価格の安さ
フィンペシアの販売価格は1錠あたり36円ほど。
先発薬であるプロペシアが1錠240円ほどなので、約10分の1程度の値段で購入することができます。
この価格の安さが、ジェネリック医薬品の特徴です。

■病院の治療費がかからない
AGA治療は保険適用外のため、治療費や初診料を含めると20000円前後を実費負担しなければなりません。
フィンペシアは通販サイトで手に入るため、この高額な費用を節約することができます。

しかし海外の通販サイトと聞くと「怖い」「手続きが面倒くさそう」と思われるかもしれません。

通販で販売されている医薬品のほとんどは、すでに海外で安全性が確認され、広く流通している商品です。
安心して購入することができます。

また基本的に個人輸入代行業者を仲介して購入するため、煩雑な手続きが必要ありません。
国内の通販サイトと同様に、注文ボタンを押すだけで気軽に手に入れることができます。

まとめると、通販サイトの特徴は以下の通りです。

  • 全体的な費用を抑えられる
  • 安全性が高い
  • 煩雑な手続きが必要ない